モンテッソーリ教育

保育について

  • TOP
  • モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育

Montessori education

モンテッソーリ教育

のだくま保育園では、モンテッソーリ教育法を取り入れながら子ども一人ひとりの最善の利益を考え、発達の自由と個性の尊重、自ら学ぶ力を大切に育てます。

モンテッソーリ教育とは

「モンテッソーリ教育」とは

モンテッソーリ教育法とは、子どもの自己教育力に基づいた教育法で、子どもの自己教育力を平たく言うと「子どもには自分で自分を教育することができ、それを育てる力がある」という考え方です。

1907年に医師であり教育家でもあったイタリアのマリア・モンテッソーリ博士が考案した「モンテッソーリ教育」は「自己教育力」に基づき成長を促していくため、能動的な行動や積極性が身に付くと言われています。

「モンテッソーリ教育」のメリット

  • 子どもに自立を促すことができる
  • 子どもに積極性を身につけることができる
  • 子どもの集中力が養うことができる
  • 子どもの情緒が安定する
  • 子どもの好奇心と意欲が育つ
  • 子ども自らが「学ぶ」ことを楽しめるようになる

のだくま保育園のモンテッソーリ教育

のだくま保育園のモンテッソーリ教育

岸和田のだくま保育園では、「自立していて、有能であり、責任感と他者への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことを目標に、実践から生まれた様々な「教具」といわれるモンテッソーリ教育法独自の教材や環境、カリキュラムを用い、子どもたちの成長につなげていきます。

TOP